文政10年(1827年)創始
白山宮 茅の輪祭 (わくぐり)

盛夏に行われる茅の輪神事は仁孝天皇文政10年
この地方に悪疫が流行した際に時の宮司が古事に
則り、7月28日を占して、ご神前にチガヤの輪
を作り祈祷を修め氏子を始め近郷の人々に3度8
の字に輪をくぐらせて、無事病災をまぬがれと云う。
以来、本年迄191年間毎年神事を厳修し、地域
の人々より「白山のわくぐり」と親しまれ、厚い
信仰を集めています。


7月28日当日祭
 ○午後5時茅の輪神事(祭典)
 ○午後6時わくぐり神事
           (〜午後9時)
 ○奉納行事
  ・提燈奉納(無病息災)
  ・お神楽お囃子奉納

        
(本郷保存会のみなさん)
  ・打上煙火
    (有志奉納・雨天29日順延)
7月29日翌日祭
 ○輪くぐり神事(〜午後9時)
 ○奉納行事
  ・巫女舞、お囃子、鳴子踊りなど
   神事芸能
  ・提燈奉納(無病息災)
   ※両日18:00〜21:00点灯
  ・打上煙火
     (有志奉納・雨天中止) 

御神燈の奉納について

○二日間18時から21時まで点灯し、無病息災を祈願致します


◎特別献燈
(大・中・小)
本殿・猿投社前拝殿を彩る特別献燈を
限定68燈募集致します
 ○大(高さ95p)献燈料 3万円也
 ○中(高さ74p)献燈料 2万円也
 ○小(高さ59p)献燈料 1万円也

◎一般献燈
奉納料一灯 2千円也
※一般献燈ご奉納のご家族は一灯1千円にて
  ご献燈戴けます
※本年より献燈に奉納札(奉納者氏名)を掲げ
  奉納致します

◎打上げ煙火  1口5000円


ご芳名を境内掲示板にてご紹介させて戴き名簿作成の上、
ご神前に奉奠し、ご祈願致します 
                

献燈・煙火のご奉賛2万円以上戴きました際には、7月28日茅の輪祭に
ご招待させて戴きます                               

本年度申し込み要項・ファックス用申込用紙
(PDFにてダウンロードできます)

申込締切7月20日
お問い合せ

特別献燈


一般献燈


煙火は両日打上されます

 








夏祭り期間の交通規制並びに駐車場案内


交通規制PDF へのリンク