白山宮年間行事

1月15日左義長 午前7時斎行
宮司が祭詞・大祓詞奏上後、忌火にて点火
正月の注連飾り注連縄
前年の御神札、御守は全て炊き上げられた。
2月2日節分祭 還暦特別 祈願祭
午前2時より本年還暦を迎えられる年男年女の皆さんの特別祈願祭を節分祭に併せ斎行。
本年恵方(南南東)を向いて豆打ち
終了後境内にて福豆撒き。当たりくじ太巻き寿司の引換券は全て参拝者に振る舞われた。
3月17日
祈年祭
本年の豊作と産業繁栄とを祈願する大祭。
氏子役員・区長・総代・営農組合長の参列のもと厳粛に斎行された。
4月29日
播種祭
稲作の始まりを告げる播種祭。当宮では年度の始まりとして、役員の就任奉告祭も
併せて斎行。

足王祭

午前9時より殿内にて奉告祭の
斎行、その後足王社の前にて大
祭。
祭典終了後、午後2時まで特別
祈祷奉仕。祈祷後、足王社に絵
馬奉納、福引き、みつ豆の接待等
で境内は賑わった。
平成13年度のバリアフリー事業
で車椅子の方も殿内での参拝も
可能となった。
足王社について
5月18日
足王祭
夕刻(午後5時30分)、氏子役員・区長・総代・五町消防分団長参列のもと恒例の大祓式を厳修。神事終了後7月28日斎行の茅輪祭の打合会を参集殿にて開催。