白山宮境内社 足王社 
       ご祭神 足名椎神 (アシナヅチ)

昔、藤島町には飯田街道裏街道と呼ばれた街道が
あり、商人や旅人達が道中の足の安全を祈願する
足名椎神をお祀りするほこらがあった。
時代の流れと共に街道を行き交う人々も少なく
なり、 街道隣接(藤島町大根)の山本邸に祀られて
いたものを終戦前後に当宮に勧請したのが起源と
される。

平成十三年の境内整備バリアフリー事業に併せて
社殿も新しくなり、なでると痛みがとれるという
信仰を持つ「痛みとり石」も祀られ多くの参拝者が
訪れるようになった。

足腰の神様から「サッカー神社」とも呼ばれるよう
になり日本代表のエンブレムがはいった御守、絵馬も
授与され全国よりサポーターも参拝。

平成二十八年に、足王社新設並に境内地東面整
備事業として新社殿がご造営された。古来より足の神様で有名。脚腰の病んでいる方や強くしたい方が参拝に訪れる。

又、足にちなんでサッカーの神様としてもお参りされる方も多くなってきた。
毎年5月中旬日曜日に「足王社春祭り」を斎行、特別参拝祈祷を厳修致します。

日本代表エンブレム授与品

「痛みとり石」
この石を願い込めてを撫でその手で患部を撫でると痛みが取れ、また強くしたい丈夫にしたいという気持ちで石を撫でその所を撫でると叶えられるという信仰がある